ヤフーパートナー(ヤフパ)の実態と攻略法

ヤフーパートナーを有効に活用する為に

「携帯メアド交換」と「直接会う」との間に「電話」と言う階段を

携帯アドレスを交換した頃には、もうかなりお互い打ち解けていると思います。

しかし、だからと言ってすぐに「実際に会う」と言うのは、女性側にとっては敷居が高いと思います。先述したように、女性は不安一杯なのです。ですから、彼女に「階段」を作ってあげましょう。

サイトのメッセージ交換から、携帯のアドレスを交換することができたとします。その後、携帯メールで1ヶ月ぐらい(これはその女性との盛り上がり方によって調整してください)で、こんな質問を投げかける。

「Aさんは、例えばヤフーパートナーみたいなサイトを通して、サイト内でやり取りしている男性がいるとして、『最低どのくらい期間を空けないと絶対に会えない』っていう考えってありますか?」と。

ここで女性側は、こちら側が会いたがっている、と多少なりとも感じるはずです。ここで、「最低でも半年とかは必要かもしれません」とか、具体的な期間を言って来る女性はあまりいないと思います。

「気が合えば、特にこだわりはないですけど・・・」と、十中八九答えると思います。この「・・・」の後が大事です。

その時点で会う気がないなら、「でも、○○さんとはもうちょっと様子をみたいです」などと言ってくると思います。そんな場合、待てるなら、頑張ってメッセージのやり取りをしながら待って、心を掴める様に努力しましょう。

「・・・」の後に何も続かない時には、こんな風に言ってみます。「自分とAさんは、Aさん的には気が合ってるように感じます?自分のフィーリングでは合ってると思ってます。なので、そろそろ会ってもいい時期なのかな、とは思いますけど、どうでしょう?」

そこでOKをもらえたならラッキーです!!早速会う日取りを決めましょう。ただ、そうは上手く行かず、「でも・・・やっぱり不安もあるし、怖いし、緊張します・・・」と言われるのがほとんどです。

そこで!!先程言った、「階段」を作ってあげるんです。

「じゃあ、会う前に、何度か電話してみませんか?」と。「携帯メール」と「実際に会う」と言う間は、女性にとっては結構高さがあると思いますが、ここに、「電話する」と言う階段を作ってあげると、上がりやすくなります。

また、会話のテクニックとしても「実際に会うのはちょっと怖いかな・・・どうしようかな・・・」と躊躇しているところに「電話する」とゆう低い階段を作ってあげると、「会うのはちょっと怖いけど、電話なら何とかなりそうかな」と感じると思います。

いきなり「電話しよう」と言うより、OKをもらえる確率が高くなるはずです。