ヤフーパートナー(ヤフパ)の実態と攻略法

絶対にやってはいけない事

自分のアピールのみのメッセージを送る

どれだけ相手のことを思って書いたメールでも、自分の話ばっかりするようなメールにはうんざりすると思います。

相手との共通点をすばやく見つけ、話題を広げる。ちなみにこれは、ホステスの極意でもあるそうです。そして、その共通点に対し、「自分はこうだけと、Aさんはどうですか?」というような疑問文を投げかける。

そうする事で、相手も次のメールの内容に迷うことなく、話が進んでいきます。また、相手も、自分に対して色々と聞きやすくなります。その疑問を相手に投げかけるには、相手のことをよく知らなければなりません。

とは言え、初めてメッセージを送る段階では、相手の情報はプロフィールだけなので、せめてプロフィールを何度も読んで、どんな事に興味があるのか、どんな話をすれば喜んで答えてくれそうなのか、そういう部分をリサーチしながらメッセージを送る必要があります。

そういう事が一切念頭になく、自分の話ばっかりをしてしまう状態だと、相手はそれに対して感想を述べ続ける返信をしなければなりません。相手の興味のある話なら良いのですが、全く興味のない話の場合、相手を困らせるだけです。

そして、自分の話の相槌ばかりで、お相手は、自分の話が全くできないまま、メールは終わってしまいます。そうなると、相手も「つまらない」と思ってしまいますよね。

常に一歩先を読み、「こういう風にメール書いたら、相手もこういう内容の返事書きやすいかな」と、相手の事を考えながらメールを打つことが大事です。いろんな場面で、自分が常に相手をリードしてあげる姿勢が大事かな、と思います。